まつりと 日本のまつり探検プロジェクト

今日もどこかで、 まつりの扉が開いてる

今日もどこかで、 まつりの扉が開いてる

たとえば、何かを口にする前に「いただきます」と声に出すこと。
たとえば、ふと耳に入った音楽に、思わずからだが動き出すこと。
たとえば、遠足の前日に、てるてる坊主をつくって晴天を願うこと。

日常のなかの小さな祈りや祝いの先に「まつり」がある。
知らない土地のまつりから見えてくるのは、
その土地の文化や歴史、気候や風土。
いろんなまつりを探検しながら、あなたにとって新しい、
けれどどこか懐かしい何かと出会ってみませんか。

「まつりと」について

全国各地の伝統行事等や民俗芸能はコロナ禍で開催が困難になり大きな打撃を受けました。
キヤノンマーケティングジャパンは文化庁からの委託を受けて、映像制作や写真撮影、オンラインによる情報発信、現地での運営サポートなどで伝統行事等をサポートします。本ウェブサイト「まつりと」では「日本の祭りを探検する」をテーマに、祭りや伝統行事等の魅力を多角的に発信していきます。

いろんな土地の「ハレ」の日を覗いてみよう 各地のまつりを
探検してみる

支援していく日本の祭りの情報を順次更新していきます。
※コロナ禍の状況を受けて開催内容が変更される恐れがありますので、お出かけ前には最新情報をご確認ください。

公式YouTubeチャンネル

「まつりと」プロジェクトが全国各地で撮影してきたまつりの動画をご紹介します。観光客の立場ではなかなか見られないシーンも覗けるかもしれません。

公式Instagram

全国のまつりの開催情報などをお伝えします。撮り下ろしの写真などもアップしますので、ぜひフォローしてください。

まつりと特集by CINRA

カルチャーや社会課題を幅広く扱うメディア「CINRA」とコラボレーションし、さまざまな文化的側面から日本の「まつり」の魅力を掘り下げる記事が掲載される予定です。

伝統行事等の保存会の皆さまへ 伝統行事等の開催と継承を
お手伝いします

文化庁「地域の伝統行事等のための伝承事業(公開支援)」は、全国の保存会の皆さま向けに、
全日本郷土芸能協会を事務局としてコロナ禍を乗り越えて開催していくためのさまざまな技術提供を行うものです。
キヤノンマーケティングジャパンは、以下の3つの支援メニューをご用意しています。

  1. 伝統行事等の撮影と
    情報発信

    映像や写真のプロフェッショナルが、伝統行事等を撮影します。撮影した素材を活用し、当サイト「まつりと」やSNSを通じて情報発信を行ないます。

  2. 技術スタッフによる
    現場支援

    現地にて、新型コロナウイルス感染症対策などのさまざまな運営業務や、企画づくりをサポートします。

  3. カメラや周辺機器の
    貸し出し

    伝統行事等を高品質な映像で記録するため、業務用ビデオカメラ、デジタル一眼カメラ、周辺機器などの貸し出しを行ないます。

支援を希望される伝統行事等の保存会の皆さまは、
(公社)全日本郷土芸能協会が設置する相談窓口までお問い合わせください。